Secrets of the alphabet book cover

AUTHOR / 作家

「英国人デザイナーが教えるアルファベットのひみつ」

(published by エムディエヌCオーポレション)

Amazonから:「本書は、日本やイギリスで活躍している英国人グラフィックデザイナーが、英語のアルファベットの一文字一文字について、それぞれの成り立ちや歴史、英語圏人が各文字に持っている印象、そしてデザインに用いるときのグラフィック的な意義などを解説していく内容の本です。 日本国内に住むわれわれは、デザインやロゴの制作、商品やサービスの名称の命名、キャッチコピーの決定などにおいて、アルファベットを自然に使うことはよくあります。 しかし、主に英語を使う人には思わぬ印象で受け止められてしまうことは大いにあり得ます。 われわれの作る成果物の対象が日本国内限定のものであったとしても、グローバリゼーションがさらに進む昨今では、日本人以外がどのようにとらえるのかを知っておくことは、ますます重要になってきます。 逆に言えば、アルファベットを使うにあたっては、本書に書かれている内容を知ることは大いなる武器になることでしょう。 あらゆる商品・サービスを作る・売るすべてのビジネスパーソンだけでなく、デザイナーやライター、編集者もぜひ知っておきたい内容の一冊です。」
Amazonのリンク

Published by MdN in Japanese, this is my book (the title translates to "Alphabet Secrets Revealed by a British Designer") about the connections, associations and meanings linked to each letter of the alphabet. From the obvious distinction of A being primary and indicative of first, for example, to an exploration of more unexpected things like the hidden/hiding qualities of H, the American strength of S, why B is for boys toys and why K, X and Q have varying degrees of alien-ness etc. The book is aimed at designers, but should be an entertaining and revealing read for all (in Japanese only)!
Available from Amazon Japan – and you can "see inside" - here.

The letter C

Book design by atmosphere ltd (Based on a template by myself.) Above: design for the chapter on the letter C.
私はカズンデュオ、 本のデザインは株式会社atmosphereによるです。(私のテンプレートに基づいています。)上:Cについての章デザイン

The letter H

Above, design for the chapter on the letter H.
上:Hについての章デザイン

The opening page of the book

The opening page of the book, designed by atmosphere ltd.
atmosphere ltdをした本の最初のページ

People attending a talk

Talk event organised by the bookshop Tegamisha in Tokyo, December 2016.
2016年12月に東京で開催された本屋Tegamishaが主催するトークイベント。

people attending a talk

Talk event organised by 20T event space and Readan Deat bookshop in Hiroshima, November 2016。Photo by cooltiger.
2016年11月に広島で開催された20T(イベントスペース)とReadan Deat(書店)によるトークイベント。

An animated gif of the alphabet book